白砂糖はこわい??〜まず知ってみる~実体験の話

未分類Leave a Comment on 白砂糖はこわい??〜まず知ってみる~実体験の話

白砂糖はこわい??〜まず知ってみる~実体験の話

前回少し触れた、「白砂糖」の事をもう少し知りたくなり、それを今日ここで上げられるなら上げようと思っていました。

でもネット情報ですが色々見れば見るほどどの情報が合っているのか…。

「白砂糖は中毒性がある」「白砂糖はカルシウムを体から奪う」「白砂糖は体からビタミンを奪う」

というような内容ばかりかと思えば、それに反論する内容もあり、しかもその反論分は、科学的にも証明されているという情報もあり、一体何が本当なのか。。。

だいたいズブズブの素人の私がこんな事を調べる事自体おかしいんだなと思い始めて、「もうあかんわー!」と笑

答えという答えはわからないままなんですが、

でも、実際私の体験も含めてこの精製された白砂糖についてちょこっとお話してみようと思います。

結局のところバランス

結局のところ、いきなりですが、

いくら良いの悪いのと言ってもやっぱり行きつくところは「バランスのいい食事」なんですよね。

人って極端に考えたがりませんか?
私が元々 ‶1か10‶ しか考えられない極端なタイプなんでそう思うのかもしれませんが、
でも結構このような「こっちが〇であっちは×だ!」というようなはっきりした白黒な答えを求める人って多いんじゃないかと思うんです。

恐らくそういう風潮からきているのもあると思うんですね。そういう答えの方が簡単で受け入れやすいからそうなってしまってるんだろうなって。。。

だから「砂糖はダメ!」「糖はダメ!」となってしまってるんじゃないかと。(私は糖全体ではなく白砂糖に注目していましたが)

こういう風に悪者にしたくなるんでしょうね。誰しもありますよね、そういうの。もちろん砂糖に限らず。
誰でも自分が優位に立ちたいですもんね。もちろん私だってそんな想いありますよ。いえ私は特に。

話が逸れました。すみません。

そう、なので、「やっぱりか」の「バランスのいい食事」

摂りすぎ注意!という事ですね。
砂糖に限らずで。

あと、こういったことを説明する時の言い回しによる受け取り方の違いというのもきっとあるんだとは思います。

言葉って便利だけど、誤解されやすい場合もよくあるので、何かの砂糖に対する表現にちょっとしたことから尾ひれがついてドンドンそれが広がったというのも考えられます。

また、昔に発表された内容がそのままだったり、化学は常に更新しているのになぜか?昔の説が表に出てしまったためにそのままそれを今も信じ込んでいる人が多いという事もあるんだと思います。

内容として多いのは「白砂糖は体からカルシウムを奪う」とか「中毒性がある」という内容が多かったのですが、今、本当は「何が正しいのか」は私にはわかりません。

まあ、ただお砂糖の摂りすぎにはその分、ビタミンやミネラルも意識して摂らないといけないのはあると思います。

何かを摂りすぎている時点ですでに偏っていますし。

私自身の体験

小さいころってなんでも新鮮でしたね(^^)

と、ここで私の体験をお話しようと思いますが、あくまでこれは私個人の体験だという事でお願い致します。

人によってみんな違いますので、これがみなさんに当てはまるとは思わないで下さいね。

でも私と似たような人は多少の共通点はあるかも?しれません。

甘いもの好き

まず、私は甘いの大好きです!おそらく、そこらへんの人よりも笑。

何かで言った事あると思うんですが、以前ひどい(?)時は晩御飯がスイーツでした笑

だからって、朝ごはんや昼ごはんにちゃんと栄養を摂ってた訳じゃないです笑
その時の食事はひどくって笑。
お昼はほぼ毎日、コンビニの冷凍パスタでした。笑 安いしお腹いっぱいになるし、思ったより美味しいんですよ笑

で夜は、コンビニやスーパーで売っているような安いシュークリームだったり、レジ前に置いてあるような羊羹に大福とか笑

あのカスタードクリームを挟んでいるワッフルも好きで食べてたな~笑
断トツ多かったのはシュークリームですね笑 安くて結構満足しちゃうから笑

夜ごはんというより、お腹が空いているのを我慢できなくなり帰るまでに買い食いしてしまっていて、そうすると、ある程度満たされてしまうから帰ってごはんの用意とか面倒だしそのまま食べずに寝てしまったり笑

酷いですね、本当 笑

まぁ、晩ごはんスイーツまでいかなくても、一日で上にあげたような甘いのを何やかんやで3つ~5つぐらいは食べてたかな~笑

プラス、結構仕事場で差し入れを持ってきてくれる人も多くて笑 大体いつも甘いのがある環境なんです笑

その時の心身の状態

その時は全くわからなかったんですが、今ならこの“悪食生活“のせいだろと思えます。

その時の自分の状態をちょっとご紹介します。

酷いネガティブ思考

私、この食生活とは無関係に 自分の性格としてすごく落ち込みやすかったり、情緒不安定だったり、泣き虫で酷いマイナス思考で、自己卑下や極端な自信のなさ、自己嫌悪、上げだしたらキリがないほどのこのネガティブ、これ全部自分の性格のせいでこの性格をどうにかしなきゃいけないと思っていたんです。

まあ、「どうにかしなきゃいけない」と思っていても、こんな考えだからどうも出来なかったんですけど笑
逆にそう思えば思うほど、更に自己嫌悪に陥っていましたから笑

で、余計ですよ、余計。甘いものって私の中では確かに食べてる時やその直後って私なりの幸せを感じていたんですよね。それはもしかしたら、精製された白砂糖を多く含んだ食品は体への吸収がとても早いのでそのせいなのかもしれないんですが。

それもあり、安いスイーツをよく食べていました。

安いほどお砂糖多いんだそうですね。元々の素材があまりよくないからそれを誤魔化す為にお砂糖たくさんいれてる様です。

おそろしい…。

 

中毒性

お砂糖中毒?

と、私は甘いものを食べても一個では満足できませんでした。(先の通りに笑)
食べ終わって少ししたらお腹はそんな減っていなくてもまた欲しくなるんです。

頭ではこんなにスイーツばっかり食べてたらダメだと思っていても我慢できないし、
我慢しようとするとイライラしたり、抑えられなくなっていたんです。

「中毒性がある・ない」両方説があるので本当のところはわかりませんが、私個人としては「ある」と思います。

そして我慢できずついまた買って食べてしまう自分を、更に「ダメ人間」と思いドンドコ自己嫌悪と自己卑下というネガティブ世界に落ちて行ってましたね。

心・体が重い

今と比べるとになりますが、本当に「重かった」です。

一番この言葉がぴったりかな?笑

心はさっき言ったように酷いネガティブ思考だったし、「やる気」なんて言葉を生まれてから今まで知らないんじゃないかっていうほど、その時は縁のない言葉でした。それに本当に体も重かった。

ダルいし、動きも鈍いし、多分目も死んでたと思います笑。

自分なりに人の前では見開くようにしていた(目ね、目 笑)と思うですが、笑顔も。
でも今思うと不自然だったんだろうなと。笑

人と会うのも嫌だったし、できれば関わりたくなかった。もちろん仕事も毎日憂鬱でしたね。

食生活を変えてからの驚き?!

前々回だったか、便秘・下痢が改善されたというお話をしましたが、そうその食生活を変えて

なんとこの酷い状態だった私の心と体も改善してきたんです!!

どのくらいで改善し始めたのかはちゃんと日にち見てなかったんですが(^_^;)ごめんない。

もうすぐ1ヶ月くらいになるかな。

ちゃんとはわかりませんが、最初に気付いたのが仕事中で、問題まではいかないんですが「あ、これどうしよう…」と思った時、すぐに「〇〇して□□して」と思ってしかも行動できたんです(゚д゚)!

今までの自分では信じられないこと。

さっきも言ったように私は酷いネガティブ人間。

ちょっとした事でもどう考えたらいいか、分からなくなるし、頭パニックになります。それに「こうしたらいいかな」と思っても全く自信のない私はそれでいいのか、それをして間違わないかなど、新た考え出して訳わからなくなってしまう。

それが自分でした。

でもそういう反応がなかったし、そこに気付いてから自分の気分や考えが今までより“爽やか(?)“ “スッキリ感“

があり、以前より前向きになれたんです笑

 

ただの思い込みでなければいいけど笑

でも、例えこれが思い込みだとしても食生活がよくなっているのは客観的に見てもいえることなんで、これは継続していこうと思います(*^^*)

主観としては、良くなったと思ってからずっとこの前向き感は続いてますね。

と言っても、これからどんな事が自分の周りに起こるかわからないし、そういう良くない時期というのも人なんであると思いますが、

また調子が下がっても、今までみたいな酷い落ち込み方はまぁ、ないかな?と思えます(^^)

いきなり、食生活!といっても抵抗ある人もいると思いますので、

まず今回の題材である白砂糖を控えていくというところから始めてもいいかも。

今って、スーパーや外食って気を付けないと本当にお砂糖や、お塩とか入れ過ぎの食品本当に多いので。

1度考えてみてもいいかもです(*^^*)

それでは、また…♡

namidako
こんにちは(*^^*)私はアラフォー独身女のただいま41歳です。少し前まで派遣社員でしたが正社員へ転職。転職して半年で家を購入。結婚願望ありながら、未だ独身の私。少しでも前に進める様に、そして同じような方がいれば一緒に進めればと思い、少しずつでも書かさせて頂いています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top