未分類

男性の結婚に対する消極的な意識~前半~

「結婚したい」と思っていても、一人でできるものではありませんよね?

当たり前ですが(*^^*)

一人だと、やりたい事好きな事などは、時間やお金の余裕があれば自分一人で決めて色々出来たけど、結婚だけは絶対に相手がいるから、一人で「結婚したい」と思っていてもできません。

だから結婚までの間に相手の男性に「この子と結婚しよう」と思ってもらえる努力はいります。

でも、その努力も「がんばってるのに上手くいかない…」と空回ってるととてももったいない。

自分はがんばっているのに、それが相手にとって「え」と思われたり、逆に悪いイメージになっていればそんな悲しい事はないです。

そこで、男性の傾向をみてみようかと思います。傾向ですので、個々の性格など当てはまるもの、はまらないものもあると思いますが、ちょっとした発見もあるかもしれません。

結婚を避けがちな男性の特徴

女性よりも結婚に対して消極的な男性。何がそうさせているんでしょうか?

「男の責任」

これは男性にとって大きな課題だと思います。
「結婚する」とは相手の女性の将来と自分、そしてこれから生れてくるこどもの人生をいっぺんに背負う事になります。特に経済面において。

今は共働きの家庭も多く、当たり前の時代になっていますが、やっぱりそれでもいざ結婚となると男性にとっての責任は大きなものだと考える人がほぼです。

自分の妻、家族を食べさせて守ることが男性の性質でもありますので、そう思う事は当然かとは思いますが、今の時代男性でも低収入な方は多く、付き合っている彼女がいてもなかなか踏ん切りが付かない人も多いと思います。

→どうすれば?

結婚したからといって経済面で「おんぶに抱っこ」してもらう時代ではなくなりました。

「夫は外で稼いで、妻は家庭を守る」これが本来の男性と女性の性質にあった生き方なんですが、今のこの時代はそれを許してくれません。自分の性にあった生き方をさせてくれない時代です。

となれば、女性も外に出て働かなければ生きていけませんので女性の経済面も男性にみられます。

結婚はお互い支えあっていくもの。経済面でいえば、結婚後も働いてくれる人、仕事である程度稼ぎのある人が求められてしまいます。

「自由が奪われる」

勝手な「自由」のイメージ(^^

「自由がなくなる」と思う人は多いようです。

「自分の好きに使えるお金がなくなる」
「自由な時間がなくなる」
「自由に女性と遊べなくなる」

お金はわかりやすいですね。これは女性にも言える事です。今まで実家、または一人暮らしで最低限暮らしに必要な金額だけ確保しておけば、後は趣味や友達と遊んだりごはんや呑みに行ったりしていたのに、結婚したら自分が稼いだお金を妻や子どものために自由に使えなくなる。

男性って結構、女性よりロマンチストだったりするのでそのロマンが趣味の人も多いです。それを奪われると思って絶望する人もいるでしょう。

→どうすれば?

<趣味について>

趣味

彼の趣味を理解してあげる事が大事。彼にとってその趣味がどれだけ大事なことか話をしてみて。
それぐらい寛大で余裕を持てることが女性にとっては大事だと思います。

2人の収入と支出をまず目に見えるようにしてみて、その範囲でできるなら続けてもらう方が精神面的にもお互いにとってもいい事だと思います。

男性からただ趣味を奪うようなことをすると後で思わぬしっぺ返しが来るかもしれません💦

<呑みに出る事について>

外で呑みに行くことも男性にとっては大事な社会との縁や信用の場にもなります。それに悩みや問題など、家庭に持って帰りたくないのも男性の性ですので、呑み屋さんに行って外で発散する人も多いでしょう。

家計が苦しくなるような使い方はもちろんダメですが、ここも寛大な気持ちで受け止める事は大事だと思います。

<お金全般>

お金については、2人でじっくり話合う事が大事。なかなか聞きずらかったり、今までの生活環境によって価値観も違っていたり、大事な部分だからこそややこしかったりしますが、ここを避けてしまうと後々大揉めになるのはイメージはできます。

節約ばかり考えるのではなく、お金を使う事で次に何を生み出せるかを考えた使い方を2人で共有しようと積極的に女性側から提案してはいかがですか?

今後のお金の使い方でも男性が意欲が上がるような、男性の投資になる部分にはどんどん使ってもらう様にする。世のお父さんの様に「お小遣い制」とは違い、「自分を信頼してくれている」と思え、もっと頑張ってくれるかもしれません。そん使い方なら将来のためにもなります。

制限されてしまうと、真っ先に考えてしまうものなので、いつでも「そんなことないよ」という姿勢でいることは大事ですね。

<時間について>

結婚することで生活の中で自由に振舞えないことも増えます。

今までは、食べたいときに食事をし、お風呂も好きな時に入り、趣味と通るところもありますが、やりたい事を好きな時にしていたのに、結婚することでいちいち相手に承諾を得たり、断りを入れなきゃいけない。一つ一つは小さなことでもこれがたくさんあるとすごい面倒だったりしますよね。

あとは「休日は家族奉仕の日」になってしまい自分の時間がなくなると思ってしまう。女性でもありますね。

なので「休みぐらい付き合ってよ!」という態度は余計男性を反発させてしまいます「休みぐらい」といっても男性は平日一生懸命仕事しているんでこれはまたちょっと違いませんか?

こどもができると環境はまた変わりますが、それまでは男性の一人の時間も大切にして上げて下さい。

さっきも言いましたが趣味に対しても寛容になってあげるのも大事だと思います。

その理解や信頼を積み重ねていると、こどもが出来ても協力的になってくれると思います。

<他の女性と自由に遊べる>

う~ん、これはまあ(;^ω^)
多少の浮気も許す心の広さ!←ダメ?″浮気絶対許さない女子″多いですよね?(;^ω^)

これは男性の性でもあるんで仕方ないところでもあるんです💦反感きそうだけど(;^ω^)
男性は本能でできるだけ多くの子孫を残そうとします。だから多くの女性と関わりを持とうとする、自分でなかなかコントロールしにくいところでもあるんですね。本能だから。

気持ちに折り合いをつけるのは難しいかもしれませんが、本能だという事と、辛抱して待っていれば男性は戻ってくる可能性が高いです。それが男性。

とまあ、そう思われる前に女性がしっかりしておくことが大事ですね💦

浮気がいやならそうさせない自分でいる事(*^^*)

いくら本能といってもそれを超え、奥さんに一途な男性もいます。それだけ魅力的な女性になれば、きっと男性は浮気もせずまっすぐ帰ってくるでしょう。「そういう女性だよ」と思ってもらえるようにがんばらなきゃですね(*^^*)

今日は前半部分で、後半はまた後ほど…

ちょっと長くなりましたので今回はここまでにしようと思います。

後半は次回に!(*^^*)

でもこの前半部分は大きな2点ですし、女性側にも当てはまっているところは多い部分。
しっかり考えて前準備しておくことは大事ですよね。

現代は女性も働くのは当たり前の時代なので。

後半をご紹介するまでに、一度この部分だけでも自分なりに考えてみて下さい(*^^*)

今までにはない発見や考え方が新たに出てくるかもしれません(*^^*)

それでは、また…♡

 

namidako

namidako

こんにちは(*^^*)私はアラフォー独身女のただいま41歳です。少し前まで派遣社員でしたが正社員へ転職。転職して半年で家を購入。結婚願望ありながら、未だ独身の私。少しでも前に進める様に、そして同じような方がいれば一緒に進めればと思い、少しずつでも書かさせて頂いています!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です