未分類

白が減るかもしれない!?アラフォー女性お悩み〜内からアプローチ 紫外線・栄養・ストレス〜

40代前後ともなると、「白髪」が本格的に気になり始める年ですよね。

私もぽろぽろ下の方から見えてきたりするのでやっぱり気になったりします。

これからもっと白髪が出てくると、染めればいいのでしょうが、それもお金と手間がかかりますし、まず気分的にイヤですよね?自分が老いてきているというのを実感せざる負えなくなります。

ですが、そこは「老い」がきても仕方ないと思いそのままにしておくか、かもしくはお金と手間をかけるか、それとも少しでも白髪を抑える様にこれから準備していくかは選べると思います(*^^*)

白髪になってしまうのは?

 

自分の後頭部の写真です(;^ω^)

 

これは私も調べるまで知らなくてちょっとビックリもしたのですが、もともと髪は無色で色がないそうです。

白髪はそのもともとのままで生えてきた状態。

じゃあ、なぜ色はつくの?というと、メラノサイトというメラニン生成細胞の事をいい(メラニンはよくお肌のシミのお話で出てきますよね?)そのメラノサイトが命令する事で、メラニン色素が髪に取り入れられ色がつきます。

ですが、年齢などで機能が衰えてしまうとその命令が上手く働かなかったり、細胞が死んでしまうと髪に色がつかなく白髪として生えてきます。

じゃあ、なぜメラノサイトが働かなくなるのかという明確な理由は今もわかってはいない様ですが主な原因としては下の様な内容が上げられています。
・紫外線の影響
・栄養不足
・ストレス
多少遺伝要素もあり

ただ遺伝に関してはさほど気にしなくてもいいそうです。
私も、自分に白髪が生えだした時に以前担当して頂いた美容師さんに聞いた事がありました。

「白髪の原因て何ですか?」と。するとその方は「遺伝ですよ」と言っていましたが、母や父に聞いてみたところ、私より早く白髪は生えてきていたそうです。

確かにその美容師さんは「〇〇さんは遅い方ですよ」と言っていましたし、一概に「遺伝」と言えないのでしょうね。

年齢関係なく、過度なストレスに寄って髪が白くなるという事例もありますので、ストレスや外的要因も大きいと思います。

それぞれの影響は?

・紫外線…紫外線により、頭皮にダメージを受ける事によってメラノサイトが上手く機能しなかったり、紫外線を受ける事で活性酸素が発生し、老化が促進されてしまう。

・栄養不足…日々の食事からしっかりバランスを考えて栄養を摂っていないと、頭皮まで栄養が行き渡らずにメラノサイトがうまく働かない。

・ストレス…ストレスにより頭皮への毛細血管が収縮してしまう事で血行不良になり、栄養が届かなかたっり、それによりメラノサイトが正常に働かない。

白髪を増やさない為に!

先に上げました、大きな3点、「紫外線」「栄養不足」「ストレス」これは自分たちで何とかしようと思えば出来るものです。

白髪を増やしたくなければ、ここの改善していくといいでしょう。

他にももちろん加齢に寄って白髪になりますし、細かい点においては色々な要素が含まれてそれによって白髪になります。

ですが、だからといって何もしないよりは少しでも防ぐ事が出来れば、何よりその出来た事によってご自身も ″白髪なんかに負けない気持ち″ にもなれるのではないかと思います。
自分んでしてきた ″自信″ にもなると思いますよ(*^^*)

 

【紫外線】

頭皮の部分は自分からは見えませんし、わかりにくいとは思いますが一番体の中で高いところです。
ですので紫外線を一番受けているところになります。帽子を被ったり、日傘をさす習慣を付けてはいかがでしょうか。
私はいつも晴雨兼用の傘を持ち歩いています。ですので急な雨に降られても安心です。(*^^*)

日傘もどこまでの物を選ぶかというのはあると思いますが、私は紫外線カット率の高いとうたっている物を購入しています。

今自分が使っている傘です。

私が持っているのは去年購入したもの。実際届いて使ってみると少し重く最初は収納時も固かったのですが、これから体力は衰えていくばかりなのだから笑、少しでも力を付けるのにはいいかも!と思い最初は使っていました。
今では全く平気です笑(その分の腕の力付きました笑)

今年のはまた仕様が違っているかもしれません。晴雨兼用でほぼ使っていたのでちょっとボロってなってきていますしまた新しく買い替えようと思っています(*^^*)

強風とか思ったより強くて結構しっかりしていますよ。

 

【栄養】

ここは毎日の事ですし、とても大切なところ。

まず、白髪の前に髪全般についていいとされる栄養素や食材をお伝えします。

髪は何から出来ているかというと、約80%~90%は「ケラチン」とうたんぱく質から出来ています。
ケラチンとは髪だけでなく、皮膚や爪の形成もしております。

〇髪にとって主に必要な栄養は「たんぱく質」
〇髪に栄養を運ぶ為の「ビタミン群」
〇たんぱく質を合成する為の「亜鉛」

があります。

「たんぱく質」                          
・卵(中でも、鶏卵)
・お肉(中でも、豚)
・魚介類(中でも、かつお節、いわし・しらすの干したもの)
・大豆(中でも、油揚げ、ひきわり納豆)
・乳製品(中でも、チーズ)
など。

「ビタミン群」:水溶性・脂溶性の両方
・ナッツ類:食べ過ぎは肥満のもとに。
・豚肉:抗酸化作用もあり。
・レバー類・落花生など:ビオチンという水溶性ビタミン。髪や皮膚を健康にするといわれている。
・柑橘類
など。

「亜鉛」亜鉛はたんぱく質を合成する働きをしてくれます。
・牡蠣:食材の中で一番亜鉛を含んでいる。他にも必須アミノ酸やミネラルなど、栄養豊富。
・レバー(中でも豚):先ほども出てきましたが、レバーは栄養宝庫の食材。
・牛肉
・卵(中でも、鶏卵)
・するめ
など。
亜鉛の食材は他にもチーズや納豆、アーモンド、落花生と先ほど出てきたものと重なるものもあります。

 

白髪にとって効果的な栄養

「あら、効果あるじゃない♪」笑

 

さて、やっと白髪に対しての効果的な栄養素をお伝えします!

「やっとかーい!」と思われたかと思いますが、先にお伝えした、髪自体が健康でないと白髪カバーも出来ませんので!

白髪は先ほどもお伝えしましたが、もともとの髪は無色で、そこにメラニンを生成するメラノサイトの働きが重要になってきます。

そのメラノサイトを活発にするのに必要な栄養素は・・・

【栄養】

「カルシウム」
・乳製品(中でも、牛乳・プロセスチーズ)
・魚介類:小魚・海藻類(中でも、干しエビ・ししゃも・ひじき)
・大豆(中でも、生揚げ)
・小松菜
など。

「ミネラル・銅」:銅はメラニン色素を作る酵素(チロシナーゼ)と結び付いて力を発揮する。
・ナッツ類
・大豆
・ごぼう
・魚介類:(するめ・牡蠣)
・プルーン
・ココア
など。

「チロシン」:チロシンがないと、メラニン色素を生成できず、黒髪にならない。ストレス緩和効果もあり。
・りんご
・バナナ
・アボガド
・チーズ
・豆腐
など。

「ヨード(ヨウ素)」:甲状腺ホルモンの原料。新陳代謝を促すホルモン。取り過ぎ注意!
・海藻類
・いわし
・サバ
など。

 

【ストレス】

ストレスは敢えてご説明する事もないかなと思います。ただ、いくら先ほど上げた紫外線に気を遣ったり、栄養を摂っていてもストレスが勝ってしまうと効果が出ないというのはよくある事だと思います。

過度のストレスは心にも体にもよくありませんが、適度なストレスはいい意味で緊張感を持つ事が出来、メリハリや充実感を自分に与える事も出来ます。それにストレスを感じるという事は「今よりもっと成長しようとしている途中段階」でもあります。

ただただ、「ストレスが!」と思わず、上手に付き合っていく事が一番いいのではないかなと思います。

 

おわりに

 

すみません、長々となり、読むのが億劫になってしまったかもしれません。
ここまで読んで頂きありがとうございます。

ストレスや栄養面などいくら気にしてもやはり老化に敵わない時は来るとは思います。
ですが、遅らせる事は出来ますし、また白髪になっても「老い」という白髪を思わせないきれいにされている方もいらっしゃいます。

それは、髪自体の健康に気を遣っていらっしゃるからだと思います。

髪が健康的な方というのは(白髪でも縮れたりせず、きれいなストレートの方もいます)
髪だけでなく、体や心も健康的な方が多いです。

健康全般に気を付けているからこそ、髪もきれいなんだと思います。

そういう方は「老い」を感じさせなく、キラキラして見えませんか?

その様に年齢を重ねていければ素敵だなとそんな思いも含めて、まずはじめの取っ掛かりとして自分も少しずつ気になり始めた白髪について自分なりにお話してみました。

それでは、また…♡

 

 

 

namidako

こんにちは(*^^*)私はアラフォー独身女です。少し前まで派遣社員でしたが正社員へ転職。転職して半年で家を購入。短期間にこれだけの事が出来た秘密と結婚の為に〇〇のお世話に。結婚できなく悩みながら少しでも前に進める様にと同じような方がいれば一緒に進みたいなと思い、少しずつでも書かさせて頂いています!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です