未分類

「お見合い結婚」と「恋愛結婚」区別できていますか?

猫のお見合い(笑)かわいくて載せてしまいました(笑)

結婚したいけど出来ないと言っているあなた。

「みんな結婚していくのに何で私にはいい人が現れないの!」と言っているあなた。

20代とかではなく、私ぐらいのアラフォーさん?

そんなあなた「お見合い結婚」を考えたことはありますか?

私たち世代の「お見合い」ってすごく堅苦しいイメージですよね?

親同士の、または親の知り合いからのご紹介や、親戚からのご紹介。雰囲気としてはホテルで着物を着て出向かなければならない…?

もし嫌なら親や親戚からの話だし、断るのも断りづらい…。のような。

しっかり釣書も書いて事前に用意しておかなければいけないし…。実は私も祖父の紹介で、祖父の昔からの仕事仲間でいらした方のご子息とお見合いをしたことがありました。祖父からのお見合い話は、その後もう一件あったんですが(;^ω^)…ということは、この方もダメでしたし、次の方もダメだったという事です…(-“-)

(釣書:つりしょ:ってご存じですか?縁談の際に書くもので、自己紹介文のようなものです。自分の生年月日や学歴、職歴、趣味など。関西圏で釣書というそうです。私はこれを二回書きました笑)

そんな、なんというか親戚の柵(しがらみ)ではありませんが、そういったイメージが強いのではないでしょうか?(*^^*)

といっても今は「お見合い」の代わりを担ってくれているのが「結婚相談所」や「婚活サイト」になるでしょうから、そこまで堅苦しいものでもなくまだ気楽になった面は多いと思います。

きっと、結婚したいけど出来なくて今まで来てしまったという方の中には「結婚相談所」に通っていた人もいるでしょうし、今「絶賛活動中!」という人もいらっしゃるでしょう。

今絶賛活動中の方は進捗状況はいかがですか?

また以前相談上に行かれていた人で今もまだお独りの方はなぜまだお独りなのでしょうか?

もしかしたらどこか勘違いをしていませんか?私も自分に言い聞かせる事ですが、

「今の自分がいるのは、今以前の自分が原因だから」

今自分が望まい自分ならば、その自分の原因は必ず過去の自分にあります。

もしかしたら、その原因はさっき言った「勘違い」からくるものかもしれません。

何が勘違いなのか?

すべてに当てはまるとは思っていません。十人十色。人の数だけ違いがあって当たり前です。一人一人が違うのだから当てはまらないところもあるでしょう。

でも傾向としてあるんだろうなと思うことがあります。

それは昔ながらの本格的なお見合いにしても、結婚相談所や婚活サイトにしても″恋愛″を求めていませんか?というとこ。

相談所や婚活サイトで恋愛をしてから結婚すると無意識に思っていませんか?

「恋愛→結婚」が悪いといっているのではありませんし、それが希望でその通りになればいう事なしです(*^^*)

でも結婚は現実ですし、現実はそんなにうまく行きません。(それがうまくいくならきっとあなたは既に結婚が出来ているはず(^_-)-☆)

だから今残っているんですよね?

それにこういった場所は先に相手の情報を知る事が出来、そこから自分の思う条件や好みでお相手を選ぶシステムになっています。

「年収○○」「職種」「年齢」「外見(顔やスタイル)」

他には「趣味」「性格」「清潔感」などなど。

「結婚」ではなく「恋愛」気分でいたままでは、先に自分の好みや″自分″を優先してしまうでしょう。(「自分を」というのは相手の事を考えずに、自分優先で出来る恋愛を知らず知らずのうちに選ぼうとしている)

例えば、わかりやすく顔やスタイル。そもそも外見がいい人は何か理由などなければとっくに結婚しています。競争率がその分激しいですし。それでも相談上などにそういう方がいても、相談所内でも競争率は高いでしょう。

男性からしたら女性を選びたい放題ですから、それこそ若い方に負けてしまいます。

それに自分が″恋愛″気分だと相手ともかみ合いませんし、お相手から「現実を見れない人」と思われ断られたりしていることもあるのではないでしょうか?

良い雰囲気だったのに何で?と思う事があれば、自分が恋愛気分で現実離れしていないか?と考えるのもいいかと思いますよ。

ワクワクしたりドキドキしたりできることを考えていたり?恋愛は「遊び」や「楽しみ」が優先されやすいです。

「○○に遊びに行きたいな♪」とか「あそこの夜景のきれいなレストランでご馳走して欲しいな」などこういったことを考えていないか自分に聞いてみて下さいね。

こういう場のお相手は結婚という現実を、一緒にこの先生きていける人を探しにきている人たちが大半なのに、女性側が″恋愛″気分なら「この人恋愛で遊ぶには良いけど、結婚を考えるには無理だな」と思われても仕方ないんです。

それに恋愛気分は″自分にとって都合の悪い事″ ″考えたくない事″などに目隠ししてしまいます。結婚は現実であり、恋愛とは逆に考えたくない事の方が多いでしょう。

それなのに必要な事から目を背けてしまい、恋愛ではなく″結婚″にふさわしい人が現れたとしても「(恋愛とは)違うからこの人は断ろう。男性は他にもいっぱいいる」と逃している可能性も多いにあります。

私も今思うと「あの人そうだったのかな~」と思う人が過去にいました。

この考えをもっているなら、ここを変えないと、せっかくお金を掛けてまで通っているのにここに気づかぬままお金と時間だけがなくなっていくのは勿体ないですよね?

結婚と恋愛は違う

このフレーズは良く聞くと思います。良く聞くからこそ流してしまってはいませんか?「自分なそんなことない」と過信してはいませんか?

なんでもそうでしょうが、自分事として考えないとせっかくの情報も意味がありません。しっかり考えた上で「自分はこうではなかった」や「少し被っているとこともあるけど…」など、そこからまた違う自分を見つけることも出来るでしょう。

端から「私はそんなことない」と思うのではなく、一度自分事として捉えることで新たな自分を知ることもできるでしょうし、自分を知ることで今よりもっと自分の人生の波に上手に乗ることもできると思います。

先にも言いましたが、「今の自分は今以前の自分が原因」です。

ここを踏まえて、今の自分に、結婚したいのに出来ていない自分に、結果今回の事ではなかったとしても(違うならこれが原因ではないという事がはっきりし、他を考えられる様になりますしね)これからの自分に大きなヒントになると思います。

考えるキッカケになればいいと思います。

それでは…♡

私は40歳独身女です。1年半前まで派遣社員でしたが正社員へ転職。そして半年程で家を購入。短期間にこれだけの事が出来た秘密と結婚の為に〇〇のお世話に。知りたい方はどうぞこちらへ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です